かみゆうべつチューリップ公園
(北海道湧別町)



    

  【緊急募集  ライター、読者管理など
  パート職員を募集。
こちらをクリック! ▼トップ
バックナンバー
会社概要
購読案内
講演会講師派遣
広告掲載案内
悪徳商法の解説
トラブル性格占い
トラブル相談窓口
消費者関連法律
消費者関連団体
こんしゅまあ川柳
コラム
読者特派員募集
大変です編集長
消費生活アドバイザ-
試験受験手引き

   

  
各省庁や公的機関に届出等があったリコール情報を一元的に集約して提供
                         
消費者庁
      

 
 


  


No335 5・6月号 5月1日発行
<特集>
企業が取り組むべき消費者志向経営とは 取扱個数で混乱する宅配便 占い・スピリチュアル、多様化する開運商法
<商品特集>
腸内環境を整えるヨーグルト、バリエーション豊富な冷凍食品、健康に配慮した植物油
<羅針盤>

日本の長所・弱点
 家でくつろぐ際に、テレビでyoutubeを見ることが多いのだが、お気に入りは、「外国人は日本をどう見ているか」シリーズ。
 東日本大震災の時に暴動もなく並んで食料をもらい、皆が助け合う姿に驚愕した海外の人は多かったようだ。
 日本を訪れた外国人は、「道がきれいで清潔」、「電車
が時間通りに来て、みんながきちんと並ぶ」、「人が親切で接客がサービスが素晴らしい」、「公共ルールがきちんと守られている」、「食事がすべておいしい」、「日本の家電の性能がすごい」、「伝統的な建物や文化を大事にしている」、「都会はコンビニが便利で田舎は風景が美しい」、「アニメやアイドルが素晴らしい」など絶賛の嵐。
 町中にゴミ箱もないのにゴミが落ちていないことを驚く声が意外にも多い。「みんなのあこがれのパリも実はゴミだらけ」、「電車の床にゴミを捨てていく中国とは大違い」、「複雑な分別ルールを守ってリサイクルしているのはすごい」など。
 日本が植民地支配をされなかったのもペリー来航の時に街並みや家の中が清潔で、幕府の役人の官僚制度がきちんとしていたことに驚き、支配をあきらめたのだという。
 自分たちは当たり前だと思ってやっていることが世界では称賛されているのは気分がいい。
 一方、海外で非難されていることがある。ケネディ空港では、危ないので飛行機を最後に降りた車椅子の人たちを入国審査の際は、優先して並んでる人の前に係員が誘導する。アメリカ人は当然のように気持ちよく譲るのに「私たちも疲れているのにちゃんと後ろに並べばいいのに」と譲るのをぐずる日本人の若い女性グループが多いのだとか。
 欧米に比べて道路の整備やこのような優先意識など、ハンディキャップ対応ということに関してまだまだ社会全体が日本は後進国だから若い女性の意識に反映しているのだろう。ハンディキャップ優先も当たり前のようにやれる国になって行きたい。
Copyright 2017 syouhitoseikatu, Inc., all rights reserved
「消費と生活」ホームページの掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。承諾の連絡先


「消費と生活」はオンラインでも購読の申し込みができます。
クリックしてください。

.